ロキソニン授乳中

ロキソニンは授乳中に服用しても影響は少ないと言われています

授乳中は医師の指示に従いましょう

ロキソニンは頭痛や痛みがあるときの鎮痛剤や、熱を下げる解熱剤として処方されることが多い薬です。

 

一般的に鎮痛剤は、眠気が強く出たり胃に負担がかかる薬が多いのですが、ロキソニンはこれらの副作用も少なくよく効く薬です。

 

以前は病院で処方が必要な薬でしたが、最近ではロキソニンSという名前で市販されています。

 

ですから、ドラッグストアなどでも簡単に購入することができるようになりました。

 

では、このロキソニンを授乳中の女性が飲んでも大丈夫なのかという疑問が出てきます。

 

鎮痛剤・解熱剤と聞くと、きつい薬というイメージが強く、授乳中の赤ちゃんにも影響を与えてしまうのではと不安になります。

 

しかし、ロキソニンは授乳中に服用しても影響は少ないと言われています。

 

それは、服用した薬は母乳へと移行はしますが、それはわずかな量にしかすぎず、赤ちゃんへの影響はほとんどないと言われているからです。

 

その移行する確率は薬によって異なるようですが、ロキソニンは移行率が非常に少ないのでより安全だと言われています。

 

ただし100%安全というわけではないため、薬の添付文書には妊娠・授乳中は避けるように書かれています。

 

服用してから2時間後が乳汁中に移行すると言われているので、授乳する前に薬を飲んでおくのがよいです。

 

次の授乳を行うときは、一度搾乳し乳汁に含まれる薬を排出してから、授乳をすると良いです。

 

また、痛みや熱が軽減されれば、早めに飲むことを止めるとより安心です。

 

あとは、処方された病院の医師や薬剤師に授乳中である事を伝え、ロキソニンの服用について相談するのが一番です。

 

専門家の意見を聞きながら服用することは、安心につながり万が一何かがあった場合も、迅速な対応が可能になるからです。


PR

page top