セレコックス ロキソニン

セレコックスは効果の持続時間が長いです。

鎮痛剤として処方されるセレコックス。

 

どのような特徴があるのでしょうか。

 

まず成分はセレコキシブで非ステロイド性鎮痛抗炎症剤です。

 

効果はロキソニンと同じく、消炎、鎮痛作用を示し痛みを和らげます。

 

COX2阻害剤の効果により、胃に優しく持続期間が長いのが特徴です。

 

通常の鎮痛剤は1日3回服用しますが、セレコックスは1日2回の服用となります。

 

即効性はロキソニンに劣りますが、じっくり長く効くといった感じです。

 

変形関節症や関節リュウマチに対して従来から使用されており、抜歯後の消炎や鎮痛に効果があると厚生労働省に承認されました。

 

セレコックスは、医師の処方箋が必要な要指示薬ですので一般市販はされていません。

 

個人輸入は可能ですが、全て自己責任になります。

 

一般市販されていないと言う事は、それだけ使用上注意が多いと言う事ですので安易に入手しての使用はおすすめ出来ません。

 

 

ロキソプロフェンとセレコキシブの違い

セレコックスの主成分はセレコキシブです。

 

従来の鎮痛剤の成分(ロキソプロフェン)である非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が胃を荒らす副作用ので、改善する目的で開発された医薬品です。

 

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)はシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害します。

 

シクロオキシゲナーゼ(COX)には「COX-1」と「COX-2」の2種類が存在します。

 

COX-1は胃粘膜の保護効果があり、COX-2は炎症や発熱、痛みを引き起こします。

 

COX-1を阻害すると、胃粘膜の保護効果を失うので、結果的に胃を荒らす可能性があります。

 

セレコックスは、COX-1には作用せず、COX-2を選択的に阻害します。

 

結果、胃を荒らすことなく、炎症や痛みを抑えることができます。

PR

page top