ロキソプロフェンとプロスタグランジンの関係

ロキソプロフェン(ロキソニン)は何故鎮痛作用があるのか

ロキソプロフェンはNSAIDsと呼ばれる鎮痛剤の一種です。

 

飲み薬だけでなく、貼り薬として活用される薬でもあります。

 

ロキソプロフェンは痛み物質を阻害して鎮痛効果を発揮します。

 

痛みを誘発するプロスタグランジン

 

この痛み物質としてプロスタグランジンがあります。

 

プロスタグランジンは炎症部位で発生する物質の1つであり、痛みを誘発及び増強します。

 

風邪の時も、脳内でプロスタグランジンが発生すると発熱を起こします。

 

つまり、体温が上昇するのです。

 

発熱や炎症、痛みはプロスタグランジンと呼ばれる物質の作用によって起こります。

 

プロスタグランジンを生成するシクロオキシゲナーゼを抑制して鎮痛効果を発揮

 

プロスタグランジンを生成するには酵素が大きく関わっています。

 

この酵素はシクロオキシゲナーゼ(COX)と言います。

 

シクロオキシゲナーゼ(COX)が作用により、プロスタグランジンが作られます。

 

つまり、シクロオキシゲナーゼ(COX)をの作用を阻害すれば、プロスタグランジンの生成が抑制されるのです。

 

このような考えにより、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することで発熱や炎症、痛みに関わるプロスタグランジンを抑制する鎮痛剤がロキソプロフェンです。

 

副作用として胃粘膜のバリアー機能の低下があります

 

強力に炎症や痛み、発熱を取り除くロキソプロフェンですが、副作用として胃腸障害があります。

 

これは、NSAIDsの作用内容に問題があります。

 

プロスタグランジンは発熱や炎症、痛みを引き起こしますが、同時に胃粘膜の保護も行っています。

 

そのため、NSAIDsによってプロスタグランジン生成が停止すると、胃粘膜のバリアー機能が低下するのです。

 

その結果、胃酸により胃腸障害が発生します。

 

どうしても副作用の胃痛が厳しいのであれば、胃酸を抑制する薬の併用を薬剤師と相談してください。

PR

page top