カロナールとロキソニン

カロナールとロキソニンどちらが効くか

カロナールとロキソニンのどちらが効くか

成分の違い

 

頭痛生理痛、解熱薬として知られている病院で処方される薬として有名な薬と言えばカロナールとロキソニンと言う二つの薬ですが、効き目と成分に違いがあります。

 

ロキソニンはロキソプロフェンが主成分です。

 

カロナールはアセトアミノフェンが主成分です。

 

有名なのはロキソニン

 

この二つの薬を販売数で比較してみると圧倒的にロキソニンの方が多いです。

 

なぜなら、ロキソニンはテレビCMなどで良く見かける薬であるとともに、病院処方以外にもドラッグストアーなどで気軽に購入することが出来るためです。

 

子ども用に調整したものもあります。

 

近年は栄養状態が良くなり、初潮を小学3,4年生でむかえると言うことも増えています。

 

そのために小学生であっても生理痛を経験することが多くあります。そのために、販売数で比べるとその様なことになるのです。

 

しかし、ロキソニンについてはドラッグストアーなどで販売されているものは病院で処方されるものよりも効能が少し弱めに作られているために他の種類の頭痛生理痛、解熱剤と同じような効果しか発揮することが出来ません。

 

病院で処方されるものについては一般的に売られているものよりもかなり成分がきついものであり、医師の指示に従って服用しないと生命にかかわる重大な副作用が出ることもあるためにドラッグストアーなどでは販売されていません。

 

カロナールは効果が穏やかです。

 

カロナールについては、小児も飲むことが出来る様に量を調節した粉末状のものもあり、小さい子どもでも服用することが出来る様になっています。

 

小児用の場合はシロップで甘くなっているために安心して服用することが出来ます。

 

また、カロナールの成人用の錠剤はサイズが他の薬とくらべて大きくなっているために大きな薬を飲みこむことが苦手または不可能な場合は医師と相談して粉末状にしてもらう必要があります。

 

この様にカロナールにもロキソニンにも様々な短所があり、また長所もそれぞれ違いますがたくさんあります。

 

このことから、どちらを見ても効能は同じであるために比較をしてもあまり意味があまり無いと言うことが出来ます。

 

 

 


PR

page top