ロキソニン 副作用

ロキソニンの副作用についての考察

ロキソニンの副作用

解熱剤や鎮痛剤、また炎症を抑える薬として使われているロキソニンという薬があります。

 

一般的には頭痛や生理痛に早く良く効く薬として服用されています。

 

そんなロキソニンの副作用は全く無いのでしょうか。

 

どんな薬にも使用上の注意点はありますし、副作用が全く無い方が稀とも言えます。

 

ですが、薬を服用するにあたって、薬箱の裏書きや箱の中に入っている説明書きを隅から隅までじっくりと読む人はあまりいないのではないでしょうか。

 

ましてや体調が悪い時ですから、なおさら飲みたくなくなってしまいます。

 

でもやはり、自分の身を守るためにも、副作用について見ておく事は必要です。

 

ロキソニンは体の中に入ってから活性化し効力を発揮するプロドラッグです。

 

その為、副作用が軽減されていますが、全くないという訳ではありません。

 

可能性として高いのは胃痛です。

 

ロキソニンの原理はプロスタグランジンと言う炎症をもたらす物質の合成を抑え鎮痛するのですが、代わりに胃粘膜の生成も阻害してしまいます。

 

ですので、胃痛が発生する可能性は高いです。

 

現在は制酸剤を追加してロキソニンSプラスが販売されています。

 

またロキソニンのような解熱鎮痛剤を飲んだ後に、極度の体温低下、虚脱感、手足が冷たくなるなどの症状が現れた場合には、副作用の可能性があります。

 

また服用後に、消化性潰瘍やむくみがあらわれた場合なども要注意です。

 

また消化管からの出血(血を吐く・吐き気・嘔吐・腹痛・黒い便・血便などの症状)や消化管に穴があく(吐き気・嘔吐・激しい腹痛などの症状)といった症状が現れた場合には、ただちに病院で受診する必要があります。

 

またその他の気をつけたい症状としては以下のようなものがあります。

 

皮膚の発疹やかゆみ、循環器系では血圧上昇や動悸、精神神経系では眠気・しびれ・めまい・頭痛、消化器系では腹部膨満感・胸やけ・口内炎・食欲不振、その他、顔面のほてり・発熱・貧血・血尿・胸の痛みなどがあると注意が必要です。

 

さらに重篤な症状としては、アナフィラキシー、血液障害、腎臓の障害、うっ血性心不全、肝機能障害、間質性肺炎、無菌性髄膜炎、ぜんそくなどがあげられます。

 

服用後に上記のような兆候が現れた場合には、すぐに服用を中止し、病院の医師の指示に従う必要があります。

 

即効性があって良く効くと言われている薬には、飲む人の体質やさまざまな条件によって副作用をもたらす場合があります。

 

その点をよく考慮した上で、慎重に服用することも大切です。

 


副作用に小腸・大腸の狭窄・閉塞が追記されました。

2016年3月22日に厚生労働省がロキソニンの重大な副作用に関して腸狭窄・閉塞を添付文書改訂を指示しました。

 

ロキソニン錠、同細粒(ロキソプロフェンナトリウム、第一三共)、ロキソプロフェンナトリウム内服液「日医工」(同、日医工)他

 

指示概要:「重大な副作用」に「小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがあるので、観察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う」追記

 

過去3年の国内報告数(因果関係が否定できない):5例(死亡なし)

 

薬効分類:114 解熱鎮痛消炎剤
※一般薬の添付文書も改訂

PR

page top