腰痛 ロキソニン

ロキソニンは、慢性的な腰の痛みに作用します

腰痛はロキソニンで緩和しましょう

ロキソニンは、腰痛により患部が痛い時に効果的な作用をします。

 

ロキソニンの効果は、解熱や鎮痛効果、炎症を抑える事ができる強力な薬で、多くの方に確かな効果をもたらせます。

 

効果が強いのに対し、副作用が軽いのもロキソニンの魅力です。

 

腰痛だけでなく歯痛や腹痛、捻挫や寝返りなど体の広範囲にわたる痛みの症状を緩和できます。

 

分類としては、非ステロイド抗炎症剤でプロピオン酸系製剤に分類されます。

 

ねん挫などによる炎症や関節痛、腫れやこわばりなどの症状に効果的に作用して持続する痛みを緩和します。

 

ロキソニンは、解熱効果も持っているので、風邪などでウィルスによる発熱時の解熱剤としても利用できます。

 

多くの痛みを伴う苦痛を緩和できます。

 

PR

 

 

ロキソニンは、慢性的な腰の痛みは坐骨神経賞に効果があるだけでなくぎっくり腰などの急激な痛みにも作用します。

 

クスリの作用のメカニズムは、痛みが発生している部分は熱を持って炎症していて、炎症をするとその場所でプロスタグランジンと呼ばれる物質が発生をします。

 

この物質が痛みの原因となりますが、プロスタグランジンを必要な酵素の一種のシクロオキシゲナーゼの形成ブロックをします。

 

痛みの原因物質となるシクロオキナーゼの形成をブロックできるので、痛みの発生を抑えて緩和できます。

 

これがロキソニンのメカニズムです。

 

即効性があるのが特徴で、効果が現れるのが早い人では服用してから15分程度で効きはじめてきて、多くの人で30分を経過すると効果を感じる事ができます。

 

持続時間は個人差がありますが、60mgの錠剤の場合は長い人では10時間以上持続することもあります。

 

6時間程度の間隔をあけていれば大丈夫です。

 

私事ではありますが、先日ぎっくり腰を患いました。

 

もう起き上がることも出来なかったのですが、一日安静にして翌日ロキソニンテープを使用したらだいぶ良くなりました。

 

根本解決にはなりませんが、痛みが和らぐことにより日常生活が行えるので大変助かります。

 

同じ系列でジクロフェナク配合のボルタレンテープも今度試してみたいです。

 

 

 

 


PR

page top