ボルタレン ロキソニン

ボルタレンはロキソニンに比較して鎮痛効果が高い

ボルタレンはロキソニンより効果と副作用が大きい

ボルタレンはノバルティスが販売している解熱鎮痛剤です。

 

ボルタレンはロキソニンに比較して鎮痛効果が高い事がしられていますが、同様に副作用も大きいため使用する際には注意が必要です。

 

経口投与の他、即効性を求められる場合には坐薬による投与も行われます。

 

ボルタレンの主成分はジクロフェナクであるのに対してロキソニンはロキソプロフェンが主成分となっています。

 

生理活性の違いもさることながら、副作用がジクロフェナクとロキソプロフェンでは大きく異なります。

 

PR

 

 

特に消化器にたいする副作用の強さはジクロフェナクが一番強く、服用する際は潰瘍や出血防止のため胃腸薬との併用がすすめられる他、まれですが重篤な副作用の場合には急性穿孔などの症状も出るという場合もあります。

 

また、坐薬により即効性が求められる場合には、体温が低下しすぎるなどのショックがまれに出現するケースがあり、極力医師の指導のもとで投与されることが勧められます。

 

また、鎮痛剤によって喘息を引き起こす可能性がある場合にも注意が必要です。

 

その他の副作用としては肝障害や発疹、腎機能の低下、心臓発作などがあげられますが、どれもまれに表れる副作用です。

 

しかし、鎮痛効果という意味ではロキソニンよりもはるかにボルタレンの効果は大きく、乳癌の痛みなどの強い痛みに対しても効果が期待できるのです。

 

医療用麻薬の範疇には入らない鎮痛剤のなかでは、トップクラスの鎮痛効果があります。

 

そのため、小児の発熱など即効性が要求されるケースには頻繁に用いられる他、ロキソニンでは対応できない痛みの場合にも用いられます。

 

市販薬としては貼り薬としてボルタレンが配合されたものが売られていますが、ロキソニンとは異なり、セレコックスと同じく飲み薬としては販売が許可されていません。

 

そのため、経口、坐薬共に医師から処方された場合にのみ入手が可能です。

 

どうしても我慢できない痛みがある場合は医師に相談してください。

 

 

 


PR

page top